第111回 閑話休題:2014年謹賀新年 今年は大きく変わりそう、吉祥寺の街



















2014年

新年明けましておめでとうございます。


本年も「Blog de 吉祥寺」をどうぞ宜しくお願いします。さて、松の内も終わりましたが正月風情が抜けない!という方もいらっしゃるではないでしょうか。ただ、お正月とはそもそも元旦~1月31日までを指すもの。

1662年に江戸幕府から「1月7日を以て飾り締めとする」旨の通達が発せられて以降、風習的にも正月期間短縮が進んでおり、今や1月7日まで、3日までという考えの方も増えています。吉祥寺も新年早々初売りでにぎわっておりました。

ところで、昨年2013年は吉祥寺をめぐる変化がありました。たとえば

<2013年>
   5月17日 野村不動産/吉祥寺駅前に商業施設着工
   7月29日 無印良品 丸井吉祥寺店6階へ移転
   9月05日 アトレ吉祥寺/1階を増床新規オープン
 11月15日 ドンキホーテ吉祥寺店開店


といったものでした。

■参考:吉祥寺駅改良工事完成イメージ(パース図) 

      2014年5月2日 武蔵野市議会建設委員会行政報告資料
          (武蔵野市議 川名ゆうじ氏ブログより転載)
             http://blog.livedoor.jp/go_wild/
 







さて

以前に特集しましたが、明けて2014年の吉祥寺は、まさにあの1987年3月31日の吉祥寺駅北口駅前広場オープンと並ぶレベルの変化がありそうです。

主だったものを見ていきますと、

<2014年> ※予定
 2月 吉祥寺駅南北自由通路竣工
 3月 JR吉祥寺駅並びに京王吉祥寺ビル竣工・記念祭
 4月 キラリナ吉祥寺オープン
 7月 吉祥寺南町2丁目プロジェクト竣工(ヤマダ電機開店?) 
 8月 吉祥寺本町二丁目新築計画竣工(ユニクロ開店?)


ということになります。

大きいのはJR吉祥寺駅等の改修工事がいよいよ竣工する点。2011年からなので足掛け4年弱でしょうか。駅前には大型の雨庇が整備され、これまで目立たなかった植栽等も存在感を増して、吉祥寺の街らしい緑あふれる表玄関に生まれ変わりそうです。




















また注目を集めているのが「キラリナ吉祥寺」。

現在建て替え工事が進められている井の頭線吉祥寺駅ビル、つまり京王吉祥寺ビルですね。この商業集積のターゲットは「30代女性」。ファッションやコスメ、ライフスタイル雑貨類の店舗が入店しましす。仕事帰りに家事や育児の合間に楽しんでほしい、というコンセプトの様ですが、どのようなテナント構成に仕上げてくるか注目ですね。


















そして、また夏にはヤマダ電機、ユニクロが相次いでオープンします。
















このように大型店開店ラッシュとなる吉祥寺の街ですが、これらの延床面積をざっと足し合わせる約42000㎡にも上ります

仮に店舗面積がこの半分21000㎡程度として考えると、最新の2007年の商業統計ベースでの「百貨店・総合スーパー」店舗面積83090㎡に加算すれば、もともとのユザワヤの差分として50%程度を仮置きしても、武蔵野市もいよいよ大型店店舗面積10万㎡に手が届く街になる訳です。

これは多摩地区では八王子市・立川市・町田市を抑えてトップ、東京都全体でも新宿区、渋谷区、豊島区に次ぐ規模です(2007年商業統計ベース)。


ということで

2014年、吉祥寺の街も大きく変わりそうですが、以前の特集で触れたとおり、吉祥寺の商業面での魅力は、あくまで散在する大型店・路面店とその回遊性にあります。駅近に新店が集積する形になりますが、ぜひ街歩きの余地を残しながら、裏筋の路面店との共存を模索して頂きたいですね。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


■詳細データ

「(仮)吉祥寺南町2丁目プロジェクト」




















 地上9階地下2階
 延床面積:8838㎡
 売場面積:4013㎡
 階数:9階/地下2階
 テナント:ヤマダ電機
 開店:2014年7月・8月 ※予定
 開発:ライチ合同会社
 施工:株式会社フジタ
 設計:株式会社フジタ



「(仮)吉祥寺本町二丁目新築計画」














 


  階数:7階/地下2階
  延床面積:6553.82㎡
  売場面積:約2800㎡
  テナント:ファーストリテイリング(ユニクロ)
  開店:2014年8月 ※予定
  開発:野村不動産
  施工:大林組
  設計:INA新建築研究所