第73回 吉祥寺のガンジス?街を育んだ母なる流れの謎に迫る!!(最終回)






















「なぜ吉祥寺の街はこの場所に?」


歴史的な紆余曲折を経て一時は途絶えた水流もその後の新コンセプトで見事復活。開削350年を迎えた2003年に国の史跡に指定されます。これで安泰、と思いきや史跡に指定されると保存管理計画を練って、計画的な管理をしていかなければならなくなるんです。


















■玉川上水の開渠/暗渠部(東京都水道局)




■開削400年!保存活動の始まり



面倒なのはこの手続き。単なる水道施設の頃は東京都水道局がガチっと管理していた訳ですが、史跡となった瞬間に出現するのが「文化庁」。そして、この窓口が何故だか区市教育委員会


大掛かりな保全には文化庁長官の許可が必要になるんです。




















しかも皆さんがよく散歩やジョギングを楽しむ上水フェンスの外側の緑道。これを管理するのは別キャラ、東京都建設局に地元自治体。で、沿道の緑地の整備となると東京都環境局も新たに絡む訳です。


玉川上水のひそかな見所は、杉並区から武蔵野市、三鷹市と管理主体によってフェンスの模様や色・材質がガラリと変わるあたりでしょうか。














■写真玉川/千川上水分流部の整備計画(東京都水道局)




なにはともなれ


歴史を生き抜いた玉川上水もさすがに400年近く経過すると、いろいろ問題が出てきます。特に吉祥寺界隈を中心として素掘りの開渠が多く残されており、崩落の危険性もあるんです。 なのでまずは「緑道沿いの中低木の剪せん定や伐採・下草刈りをしよう!」という話になる訳なんですが、そこで現れるのが文化庁東京都水道局建設局環境局自治体区市教育委員会という人たち。調整も一苦労だったと思います。


まさにレインボーブリッジ閉鎖できません、的な構図ですね。



















■写真:玉川兄弟像(羽村市羽村)




■玉川兄弟の像のもとで


ということで


なにはともあれ、いろんな調整を経て現在は「史跡玉川上水整備活用計画」が策定され、これから平成31年にかけて史跡保存活動が進められています。


そして保全をめぐるドタバタ劇を横目に、今もゆったりと玉川上水は流れています。その最源流、羽村堰には今日も玉川兄弟の像が静かに立っています。




















■写真:羽村堰から流れ始める玉川上水



冒頭にある「なぜ吉祥寺の街はこの場所にできたのか。」。この命題に素直に応えるとすれば「そこに玉川上水と五日市街道があったから」なんでしょうか。吉祥寺と切っても切れない重要な水路=玉川上水。


2012年の夏も終わりが近づきつつありますが、ぜひ、井の頭公園から少し足を延ばして玉川上水の歴史の流れを味わってみてはいかがでしょうか。




















■写真:晩夏の羽村堰2012年



<余談>


玉川上水のトリビアは尽きませんが、結構見どころだと思うのは「残堀川との交差(すずかけ橋)」。


サイホン式送水、つまりクロスする残堀川の下を玉川上水がくぐって、自力で上にあがり、くぐる前の水面高でまた流れていく、というユニークな構図なんです。


もともとかつては残堀川は玉川上水に流れ込んでいたんですが、残堀川の水質が悪化して「玉川上水が汚れる!」って話になり、1908年頃に立体交差にしたって訳です。

























■写真:すずかけ橋(立川市) 奥から流れてくる玉川上水は手前の残堀川の地下をくぐる

   出典:玉川上水(個人ブログ)
    http://www001.upp.so-net.ne.jp/takara/zyo01.htm





■玉川上水シリーズ!!!2012



<1>武蔵国幕府領 吉祥寺の起こりと玉川上水

http://www.kichijoji-city.com/2012/07/blog-post.html

<2>そもそも玉川上水ってなんぞや

http://www.kichijoji-city.com/2012/07/blog-post_15.html

<3>「島原の乱」や「寛永の大飢饉」と玉川上水

http://www.kichijoji-city.com/2012/07/blog-post_20.html

<4>多くの謎が残る上水着工の秘話

http://www.kichijoji-city.com/2012/07/blog-post_26.html

<5>玉川上水をめぐる政治的陰謀

http://www.kichijoji-city.com/2012/07/blog-post_28.html

<6>我田引水?四ツ谷が終点のわけ

http://www.kichijoji-city.com/2012/08/blog-post.html

<7>玉川上水水運が始まる!?

http://www.kichijoji-city.com/2012/08/blog-post_9.html

<8>ヨドバシ吉祥寺と玉川上水の関係?

http://www.kichijoji-city.com/2012/08/blog-post_18.html

<9>コンセプト新たに!今よみがえる玉川上水

http://www.kichijoji-city.com/2012/08/blog-post_25.html


こちらもよろしければぜひどうぞ!